日本一暑い町岐阜県多治見市在住の池嬢セフレと可児市の俺ん家でセックスしまくり

埼玉県熊谷市の方が知ってる人多いかもしれないけど、岐阜県の多治見市の方が先に40.9℃をマークした自治体なんです!

セフレの話しなきゃいけないのに、すみません全然違う話してしまって(笑)

何でそんな話したかって言うと、俺のセフレであるミホが多治見市に住んでるんです。

ちっちゃくって白くって可愛い自慢のセフレです。

彼女じゃないのが残念だけど、ミホとヤレるだけでも十分幸せってものです。

ミホとの逸話についてお話していきたいと思います。

■セフレを探してる女子は意外と多い!?

出会い系サイトって言えば、飢えた男どもの集まりで、それを食い物にしてる悪質な業者ばかりだと思ってたんです。

実際俺も騙されたことあるし、何より数十万円無駄にしたことだってあるくらいです。

出会い系サイトにはそんな良いイメージを持っていなかったんですが、ところがです!

最近の出会い系サイトって、けっこう優良なサイト多くないですか?

デリヘルとかの業者がいたりするみたいですけど、サイト自体がサクラを使って~みたいなのは減ってきてるような気がします。

俺だけじゃなくって、友達もそんなこと言ってたので間違いではないと思ってます。

また、アプリっていうのがいいのかもしれないです。

■ミホはメル友が欲しかったようです

ミホと出会い系サイトで知り合ったときはどんな心理状態だったのかは知りませんでした。

ただ、友達が欲しいっていう理由でサイトを使ってたんだそうです。

実際は彼氏と別れたばかりで、寂しい気持ちを埋めるために利用していたと後になってから告白してくれました。

俺も前の彼女と別れたときは、辛くって悲しくって、何より寂しくって出会い系で気持ちを紛らわせてたことがあったので、ミホの気持ちは痛いほどよくわかりました。

そのこともあってか、ミホは俺に好意?親近感?を持ってくれたみたいで、直接連絡したいと言ってきてくれました。

俺の方としても、いつまでもサイト経由の連絡よりもよかったので断わる理由は何もありませんでした。

それからは世間話とかしてました。

某会社の事務をしているミホの愚痴を聞くってことが1番多かったかもしれません(笑)

会社や同僚、上司とかの愚痴って意外を言える相手っていないですよね?

下手に本人の耳にでも入ったら…と思うと中々、外で口に出せないです。

俺もそのことがわかってたというか、理解者でありたいなという思いもあったので愚痴を言われることが嫌だと思うことはそんなにありませんでした。

そのかいあってか、ミホはすっかり俺を信用してくれるようになっていました。

■実際に会って飲むことに

どれくらいの期間か忘れましたけど、それなりの期間メールやらチャットやら通話やらしてたら誰だって1度くらいは会いたくなるもんだと思います。

ミホもそう思っていたらしく、お互いの都合が合った日飲むことにしました。

写真で見るのとは違い、ちっちゃくって白くって可愛くって…

ギュ~って抱きしめたくなるような、守ってあげたくなるような女の子でした。

ベロンベロンとまではいきませんでしたが、ミホが酔っ払っちゃったので、介抱のつもりで俺の家に連れ帰ったのがきっかけでした。

酔っ払って気が大きくなってただけっていうのもあるかもしれませんが、いきなり俺のアレを舐めてくる始末(笑)

そんなことされたら男だったら我慢できるはずもありません。

気がついたときにはミホを犯すような勢いで突きまくってました(笑)

嬉しそうに犯されてるって印象が強かったです。

まさかメル友からこんな関係にまで発展するとは思ってもいなかったです。

今じゃすっかりセフレみたいになっちゃって、週2くらいで俺の家に来てはエッチするような関係になってしまいました。

セフレとのセックスの満足度を高めるために

セフレと一番大事なのはやっぱり何だかんだ言ってもセックスですからね。
セックスを気持ち良くすることができる、これがセフレとの関係において最も尊ばれるべき要素でしょう。
しかし、このセックスを気持ち良くするというのはあくまで自分だけのものではなく相手と一緒にというところがミソです。
つまりは、自分だけが気持ちいいセックスをやり続けようとすると相手にセフレとして愛想を尽かされてしまうので気をつけなくてはいけないという事ですね。まだセックスしたことがない人はイーショット(e-shot)というライブチャットサイトで練習してみてはいかがでしょうか。

セフレとのセックスは相手を思いやること

特に、これは男性に多いのですが早くセックスしたいばかりに愛撫や前戯などを中途半端にしたり適当に、雑にしたりするようなことが特にダメなんです。
男性としては、早く挿入して気持ち良くなりたいところでしょうが、女性にとってセックスにおける愛撫や前戯というのは、セックスの満足度を高めるためにはとても重要な要素ですからね。
そこを手抜きにするような人は、セフレとして長い関係を続けていくことはできないでしょう。
だから、セフレとして好かれたいのであれば男性は自分が気持ちよくなろうという気持ちよりも、まずは相手の事を気持ち良くしてあげようという事を考えて前戯や愛撫をじっくりとねっとりとするようにしましょう。
実際、男性に関しても前戯や愛撫でじっくりと女性を感じさせてからセックスに挑んだ方が自分も満足度が高くなりますし、女性の感度も良くなっているので、挿入した時の感触なども含めて結果的に自分もより気持ち良くなることができるから絶対に前戯や愛撫は一生懸命にやることです。

セックスの時は情熱的なのが一番

もうひとつ、これは前戯や愛撫にも通ずるところがあるのですが、セフレに好かれるセックスをする時は女性の気分を高めてあげるという事を意識することです。
男性の場合は、視覚や触覚での性的興奮が強いですが女性は比較的聴覚で興奮するという傾向が強いんですね。
だから、セックスの時に言葉攻めをしてあげると実は結構喜ばれる事が多いんです。
しかし、この言葉攻め相手を罵ったりすることと勘違いしている人が多いですが、そういうわけではなく例えば相手をひたすらほめるようなことも実は言葉攻めというんです。
「可愛い」「綺麗だよ」「好きだよ」「愛してる」などのストレートな愛情表現を、相手の耳元で囁きながらセックスをすると、結構女性は喜ぶ人が多いんですね。
恋人にも、照れくさくてあまりやらないという人が多いかもしれませんが、実はセフレとしてモテる人はこういう事を自然にできる人が多いんです。
だから、セフレとのセックスでより相手を満足させたいのであれば小手先のテクニックなどを磨くよりも、相手の女性が精神的に喜ぶ事をより優先してやっていくことをお勧めします。

セフレとのセックスの後

セックスが終わったら、基本的にはセフレとは解散になると思いますがその時の別れ際というのも結構大事なんですね。
セックスが終わったらすぐにおしまい、という風にするのではなくセックスの後じっくりとピロートークを楽しんだり、軽くいちゃいちゃした時間を取って、恋人のように過ごしたりするという余韻を楽しむことも、セフレとの良好な関係を作る上ではとても効果的です。
そして、ホテルなり自室なりを出た後で別れ際に軽くキスやハグなどをして、別れを惜しむようにするのもいいでしょう。
セフレとは、セックスだけの関係とは言っても人間関係の延長のようなものですからね。
相手に対する好意のボディランゲージなどは、やっぱり相手を喜ばせることにつながりますし、セフレだからこそまた会いたいと思わせるような所作が必要なので、そういう細かな仕草を意識してやるようにしましょう。